LIONS CLUB MISSON
ライオンズの誓い

われわれは知性を高め、
友愛と相互理解の精神を養い
平和と自由を守り社会奉仕に精進する。

HISTORY

名称の由来

1917年、当時シカゴ市において保険代理店を経営していたメルビン・ジョーンズは、ある事業団体に入っていましたが、地域の有力者達と交際しているうちに、こうした集まりがビジネスや社交の場だけにとどまらず、社会のためになにか有益な団体となり得ないだろうかという夢をいだき、「ライオンズクラブ協会」の名称のもとに創立されました。その後、協会の目的、綱領に対する共鳴者は全世界へ広がり、名称も「ライオンズクラブ国際協会」と正式に決定し、国際的な社会奉仕団体として発展してきました。

ライオンズクラブの名称の由来は、創立者メルビン・ジョーンズは、現して百獣の王とよばれている「動物のライオンによって象徴される意味において私が選んだもの」と言っています。「LIONS」は「Liberty=自由」「Intelligence=知性」「Our=我々の」「Nation’s=国の」「Safety=安全」を表し、協会のスローガンとなっています。

MARK

紋章とライオンズ・カラー

襟章のライオンズ紋章を見れば、世界中どこでもその人がライオンズクラブ会員であることがわかります。中央に金色の「L」、両側にライオンの横顔がついており、上部に「Lions」、下部に「International」の文字がついています。2つのライオンの横顔は過去と未来を象徴しています。

ライオンズ・カラーは紫色と金色が選ばれて、紫色は友人と自分自身に対する忠誠と健全な心身を、そして金色は目的への誠実、公平無私、寛大な精神をそれぞれ象徴しています。

国際ーマ
WE SERVE

世界の200の国と地域で
140万人のライオンズが
100年以上の奉仕の歴史を紡ぐ。

STATEMENT

協会の声明文

ライオンズクラブ国際協会が目指している活動指針です。

ビジョン声明文

地域社会と人道奉仕におけるグローバルリーダーを目指す

使命声明文

ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを満たし、平和と国際理解を育む

335-C

335-C地区

335-C地区は国際協会の構成組織の1つで、京都、滋賀、奈良中心に活動しています。

アクティビティスローガン

奉仕と友愛の輪で新たなる挑戦!

ガバナーテーマ

すべてに感謝、楽しく We Serve!!