ACTIVITY CONTENT
天塚古墳清掃

古代から息づく歴史を守る。

京都市右京区の住宅街の中心に位置する天塚古墳。太秦古墳群を構成するひとつで、秦氏によって6世紀前半に作られたと推定される2つの横穴式石室をもつ前方後円墳です。近年の周囲の宅地開発により消失した古墳群の中、国の史跡に指定されることで消失を免れた古墳といえます。この地に繁栄したとされる秦氏の消長を考える上でも、重要な遺跡となる甘塚古墳での環境美化活動、維持保全活動に取り組んでいます。

史跡天塚古墳について

この古墳は、6世紀前半につくられたと推定される前方後円墳で、嵯峨野、太秦古墳群のなかで、史跡蛇塚古墳に次ぐ前長70メートル余りの規模をもっています。墳丘にはめずらしく後円部西側の無袖式、西側くびれ部の片袖式と、2基の横穴式石室があります。
明治20年(1887)の石室発掘調査の際には、銅鏡馬具勾玉鉄鏃など約400点の副葬品が出土しました。それらはいま、京都国立博物館や京都大学に保管されています。
近辺の古墳分布や遺物などを考え合わせると、この天塚は、近くの蛇塚や甲塚と同じく、大陸から渡来してこの地域をひらいた秦氏一族の墓と推定され、往時の土木技術や一族の勢力図を探る貴重な手がかりとなっています。石室内には現在、伯清稲荷大神の祭壇がおかれ、巨岩の組み合わせを見ることができます。