CHAIRMAN MESSAGE
会長

第33期会長  L 村 上 哲 哉

前年度に引き続き、クラブメンバーのご指名のもと京都嵐山ライオンズクラブ第33期の会長に就任させていただくことになりました。2期連続で伝統ある京都嵐山ライオンズクラブの会長を仰せつかったことに身を引き締めながら、今期は、前年度に成し得なかった事業を必ず成功させるという使命感をもって1年間やり遂げたいと考えています。
今期も自分にできることを一つずつ一所懸命に取り組んで参りますので何卒、ご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。

さて今期、私が掲げるスローガンは、
≪会長スローガン≫
『One heart, One mind』
心をひとつに。広げよう!奉仕活動と仲間の輪。
とさせて頂きました。ライオンズクラブの原点は奉仕活動であり、奉仕に取り組む仲間の輪が大切であることは言うまでもありません。今期も京都嵐山ライオンズクラブはメンバー全員が心をひとつにして、奉仕について考え、求め、思いやりと気配りを持って1年間取り組んでいきたいと考えています。

≪クラブ目標≫
笑顔の例会、楽しい例会、クラブ活動に積極的に参加する。
活動をPRし会員増強に努める。
クラブ創設からのメンバーも新しいメンバーも手を取り合って、楽しい例会運営ができるよう、上記の目標を掲げさせて頂きました。積極的にクラブの活動に関わることでメンバー同士の絆が深まっていくと期待しています。また前年度に作成したクラブホームページも有効に活用しながらクラブの事業活動をPRし、会員増強に繋げていきます。

最後に会長提案を
≪会長提案≫
Let’s『We Serve』ライオニズムを知り、学び、考える。
力を合わせて奉仕する。
とさせて頂きました。ライオンズのモットーであるWe Serveの精神を掲げ、若いメンバーが、先輩方からライオンズ精神を教えていただき、知り、学び、新しい時代へのライオンマンとして成長していきたい、奉仕活動を共に実践していきたいと考えています。

これから1年間、会長職を承ることに対し、メンバーの皆様のご協力とご支援を賜ることをお願いして就任の挨拶とさせて頂きます。ひたむきに頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。